家族葬と通夜の出費の削減

家族葬のメリットには、規模を抑えるということがあります。人数が限定されるようになることで、施設の規模も用意するものも必要数が少なくなります。これがお葬式の費用を下げる効果をもたらします。

はっきりとその違いが見えてくるのが通夜になります。本来であれば、弔問に訪れるのはお葬式や告別式になります。ところが、日中におこなわれることになるため、人によってはどうしても参列が難しい場合が出てきます。そこで、夜おこなわれる通夜に参列するという流れがあります。通夜は本来親族がお別れをする時間であり、弔問を受け付けるものではありませんでした。それが、どうしても時間が取れない人のために使われるようになり、通夜も一般の弔問を受け付けるという形にどんどん変わっていきました。お葬式に参列するほどのお付き合いではないがお別れの挨拶をしたいといった理由で来られる人もいるでしょう。

お浄めとしておこなわれる通夜振舞いや返礼品といったものは、人数に合わせて用意をすることになりますが、一般の通夜は人数が読めません。さらに内容も高額になると、どうしても出費がかさみます。家族葬にすることになれば、人数は身内や近い人に限定されるのが特徴です。返礼品の必要性も減っていきますし、通夜振舞いの金額も気にしないで済むようになります。その分だけ負担が減るのですから、家族葬にすることは、遺族にとっては意味があります。気を遣うことなく故人との最後のお別れをする時間を確保できるという点は、通常のお葬式と比較すると大きなメリットです。