家族葬による時間の余裕

家族葬のメリットを考えていくと、なによりもコンパクトにすることができる部分が目立ちます。また、費用を抑えることができますし、遺族が時間を取ることができるようになるでしょう。一般的な葬儀の場合、あっという間に時間が過ぎていきます。その間に悲しんでいる暇はほとんどありません。葬儀社との打ち合わせから始まり、通夜に葬儀となっていきますが、時間に余裕はありません。悲しんでお別れする時間よりも、参列されている方に対する挨拶などで時間を取られてしまうことになるでしょう。

これが悪いことであるとは限りませんが、遺族が別れの時間を取ることができないのは、とてもつらいことです。家族葬の場合には、身内や親しい人に限定していくことになるため、いろいろな対応に時間を取られることがなくなります。自由に時間を取ることができるわけではないにしても、身内で最後の別れをゆっくりできるのは間違いありません。思い出話をしながら、ゆっくりと最後の時間を過ごせるのは最大のメリットでしょう。

肉体的な負担も少なくなっていきます。葬儀までの時間はあっという間かもしれませんが、対応に追われていくことで体力はかなり消耗することになるでしょう。看病していた時間があったりすれば、それだけ負担が大きくなってしまいます。遺族の体力的、精神的負担を軽減できるというのも家族葬のメリットと言って間違いありません。現代的な考え方にもなってきますが、時間に余裕を持つためにも理にかなった方法となるでしょう。